とても強力な睡眠薬とは

とても強力な睡眠薬とは

睡眠薬にも数かぎりない睡眠薬が導入されていますがその中でも一番強力と言われているのがイソミタールという睡眠薬です。

イソミタールはかなり強力な薬剤であるため普段は処方されることはないです。通常はベンザリンやフルニトラゼパムなどの薬剤を使用しますが、

それでもどうしても不眠がなおることがなく、且つそのままにしておくと命の危険がある場合のみ処方します。

こちらの薬剤は依存性が非常に高く、服用する際には精神科医の指示通りに服用する必要があります。

まれに精神科医の指示通りに服用していても、依存性が高くなり服用していないと落ち着いて寝ることが出来なくなる場合があります。

そうなると薬剤による中毒となる可能性が非常に高くなるので、精神科医の指示通りに減量していき、さらにフルニトラゼパムやベンザリンなどの他の睡眠薬に変更していく必要があります。

こちらの薬剤には副作用も存在します。一番良く出る副作用ですが、服用直後のふらつきがあります。副作用が強く出るとふらつきが強く出て転倒する可能性もあります。

また非常にまれな症例になりますが、重い皮膚炎を引き起こす場合もあります。このような副作用が出た場合にはすぐに処方した精神科医に連絡を取り、

フルニトラゼパムやベンザリンなどの他の睡眠薬に切り替えないと命の危険が出てきます。そのためそのような基礎疾患がある場合には

精神科医や薬剤師に伝えておかないと大変な事になります。通常の睡眠導入剤よりも効果が強いので翌日に残ってしまい、翌日の活動に影響が出る場合もあります。

内科の基礎疾患を併発している場合には処方してはいけない場合があります。特に心臓病や肝臓病を持っている人がこちらの薬剤を服用するとお互いの薬剤が強く作用して、

場合によっては命に関わる可能性もあります。

こちらの薬剤を睡眠導入剤として利用する際には成人に対してだと0.1〜0.3gを経口投与します。性別・体重・体調に合わせて薬剤の量を調節します。

こちらの薬剤は柑橘系のフルーツや緑茶と一緒に服用してはいけません。柑橘系のフルーツや緑茶にはイソミタールの副作用を増長させる作用があります。

特にグレープフルーツはいけないです。同時に摂取すると命に関わる可能性もあるので、絶対に一緒に服用してはいけないです。

どうしても柑橘系のフルーツと緑茶を摂取するには、イソミタールの服用時間ではない時間帯に摂取しないと、かなり大変な事になります。